犬猫里親 救済方法等紹介 みんな幸せ





● 移転のお知らせ ●

当サイトは、2010/11/24より、以下のサイトにて活動しております。

[ http://inunekohp.com/ ]





























 飼い主にはなれなくても、犬と猫の為に出来る事は沢山あります 




「みんな幸せ」 へのリンクは自由です(リンクフリー)


これまでに私たち人間は、犬や猫と共に暮らす事で、

また、テレビや映画、本などのメディアを通じて、

たくさんの癒しや感動をもらってきました。

今度は、私たち人間が共に力を合わせて、

全ての犬と猫を、幸せな環境へ導きませんか?



犬猫救済がテーマの映画

(DVDが発売中です)

犬と猫と人間と [DVD]

犬と猫と人間と [DVD]

[ ⇒ 映画公式サイトはこちら ]

ペットがテーマのドラマ

(日曜夜9時より放送中)




[ ⇒ 獣医ドリトル公式サイトはこちら ]

[ ⇒ 原作本はこちら ]



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)
○ 様々な救済方法 ○
 
犬と猫を救う為に私たちが出来る事


保健所での犬猫の殺処分を0にする為に、
まずは、以下のような
「殺処分までの流れ」を理解する必要があります。


①.「飼い主・ペット業者」

         ↓(ペットを放棄)

②.「野良猫・野良犬」へまたは④

         ↓(子を産む事により(主に猫))

③.「大量に繁殖」(主に猫)

         ↓(人間の身勝手な理由により)

④.「保健所」へ

         ↓(里親が見つからない場合)

⑤.「殺処分」



基本的に、犬猫が保健所に運び込まれる理由は、
一部の飼い主やペットショップ、ブリーダー達が犬猫を放棄しているからです。

ですので、彼らがペットを放棄する事さえしなければ
いつかは上記の流れは止まります。

しかし、既に外で生活をしている野良たちや、
保健所にて死へのカウントダウンを待っている犬猫たちは救われません。

また上記の件とは別に、日本で起きている大きな問題点として、
犬猫に対する虐待事件も頻繁に発生しています。
  [ ⇒ 動物虐待、動物愛護 - Yahoo!ニュース ] 
  [ ⇒ ++Dear.こげんた++ ] 


当サイトでは、様々な救済方法としまして、


保健所に居る犬猫たちの救済方法

野良たちの救済方法

殺処分までの流れ(悪循環)を止める方法


テーマを大きく3つに分けた上で、以下にまとめております。




保健所に居る犬猫たちの救済方法

飼い主になる、飼い主を見つける

  保健所の動物たちは、基本的に
  新たな飼い主が見つからなければ殺処分されてしまいます。

  殺処分までの期間は、各保健所の方針などによっても大きく異なりますが、
  基本的には、保護されてから1~7日と言われています。
  (繁殖率が高い「子猫」に関しては、その日に殺処分されるケースも多々です)

  飼い主になるには、大きく2つありまして、
  保健所にて直接やり取りをするか、下記にて紹介をしております
  「犬猫保護ボランティア」さんの元でやり取りをする方法もあります。

  初めて犬猫を飼おうと考えられている方は、こちらもご覧ください。
    [ ⇒ 初めて犬・猫を飼われる方へ ] 

  また、飼い主にはなれなくても、飼い主さんを探す活動は誰でも出来ます。
  既に、ブログやmixiなどを通じて
  保健所にいる犬猫の存在を呼びかけている方なども、たくさんおられます。

  保健所にて犬猫を引き取れる事を知らないで
  ペットショップにて高額なお金を払った上で動物を買われる方も、たくさんおられます。
  そういった方々に、保健所の存在を知ってもらえる環境を広げる事も重要です。


飼い主が見つかるまで、一時的に預かる

  飼う事は出来なくても、一時的にでも犬猫を預かるという手段があります。
  下記にて紹介をしております「犬猫保護ボランティア」さんにて、
  一時預かりをしていただける方を募集しております

  詳しくは、当サイトでも紹介をしております、
  各「犬猫保護ボランティア」さんのサイトにてご確認ください。
    [ ⇒ 里親・支援募集サイトへ移動 (右サイドバー) ]  

  また、実際に一時預かりを経験された方の動画が、こちらから見れます。
    [ ⇒ (参考動画)一時預かり体験 ]  


「里親募集(犬猫保護)ボランティア」さんに協力をする

  全国には、保健所に居る犬猫達、また野良達を対象に、
  里親が見つかるまでの間、ボランティアで犬猫の世話をされている方達がおります。

  そういった環境を私達が支えていく事、もっと増やしていく事が
  保健所の犬猫達を救える大切な手段の一つです。

  ですが、現状はどこの施設も
  養うのに必要な物資や資金の不足人手不足に悩まされています。

  人手不足を補うために、ほとんどの「犬猫保護ボランティア」さんのサイトにて
  ボランティアで手伝ってくださる方を募集しておりますので、
  関心のある方は、一度お話だけでも伺ってみてはいかがでしょうか?

  詳しい内容に関しては、こちらにてまとめております。

   [ 里親募集(犬猫保護)ボランティアについて ]




野良たちの救済方法

飼い主になる、飼い主を見つける

  野良たちの主な死の理由として、下記があります。

    ・餓死(食料の不足)
    ・ひき逃げなどの事故死
    ・感染症などによる病死
    ・保健所に引き取られ殺処分

  見る人によっては、
  野良たちは外でノビノビと暮らしているように見えるかもしれませんが、
  死の原因は上記内容がほとんどで、とても幸せな死とは私は思えません

  ですので、今の人間社会の中で野良達が幸せに暮らしていくためには、
  人間の元で飼われる事が幸せだと私は信じております。

  また、上記「保健所に居る犬猫たちの救済方法」同様に、飼う事は出来なくても、
  ブログやmixiなど「ネット」を通じて、あるいは「新聞」などを通じて紹介する事により、
  飼ってくださる方、協力をしてくださる方が見つかるかもしれません。
    [ ⇒ (参考サイト)城ヶ島に生きる野良猫たち ] 


不妊去勢手術をする

  新しい命が生まれる切っ掛けを奪う事には賛否両論が在るかもしれませんが、
  不妊去勢手術をする事で、不幸な死を遂げる野良たちを減らす事が出来、
  また「大量の繁殖を防ぐ事」にもなり、殺処分0を目指す上で重要な活動と言えます。
  (保健所にて殺処分されている動物の多くは、生まれたばかりの子猫です。)
    [ ⇒ (参考サイト)不幸な犬猫をなくすネットワーク ] 

  また、ある程度「感染症を防ぐ事」にも繋がります。
  上記「野良たちの主な死の理由」の中にも在るように
  「感染症」は、野良たちの主な死の理由の一つです。

  このような、野良達に不妊去勢手術をした上で、また元の場所に返す活動は
  「TNR」と呼ばれています。
    [ ⇒ T.N.R. 運動とは?(のらねこ学入門より) ] 


駆虫・ワクチン接種

  上記「野良たちの主な死の理由」の中にも在るように
  「病死」は、野良たちの主な死の理由の一つです。
  また、感染症を防ぐ事にも繋がります。
    [ ⇒ ワクチン(のらねこ学入門より) ] 


地域猫として扱う

  地域猫とは、特定の飼い主に飼われている猫ではなく、
  その猫が住みつく地域の住民たちが協力をして
  飼われている(管理されている)猫たちの事です。
    [ ⇒ 人と猫との調和のとれたまちづくり(pdfファイル) ] 
    [ ⇒ ウィキペディア「地域猫」 ] 

  現在の世の中が、人間が中心の社会である以上、
  どうしても野良たちを嫌わざるを得ない人たちも出てきます。
  (理由:騒音、畑が荒らされる、異臭の原因になる等)

  ですので、飼えないにしても、野良猫を見守っていく(エサをあげる等)為には、
  近隣の方たちとのコミュニケーションを取りつつ付き合っていく事が重要です。

  その中で、野良猫たちを「野良猫」として見守っていくのではなく
  「地域猫」として見守っていく方法が一部の地域では既に行われています。
    [ ⇒ (参考動画)犬猫殺処分ゼロへ激減、なぜ可能に? ] 
    [ ⇒ (地域ネコ活動ブログ)42825 ] 


  野良猫について
    [ ⇒ のらねこ学入門 ]
   野良猫の不妊・去勢手術のための捕獲、
   野良猫の病気やケガの治療をする時に役立つ情報が紹介されております
   野良猫研究のホームページです。




殺処分までの流れ(悪循環)を止める方法

動物愛護法の改善

  様々な犬猫救済対策を充実させる事によって、
  犬や猫を放棄する行為、また虐待などは減る事は間違いありません。
  ですが、一部の方には理解してもらえないでしょう。 考え方は人それぞれです。

  理解をしてもらえない方たちにも、それなりの理由はあると思います。
  不幸な環境にて育った事で、どうしても犬猫を憎まざるを得ない理由を持った人や、
  犬猫の事が好きだけど、不幸な出来事に巻き込まれてしまい、
  どうしても飼う事が出来なくなってしまった人など。

  しかし、一番辛い立場にい在るのは、何も罪の無い犬や猫たちです。
  飼い主がどんな状況に在るにせよ、一番辛い思いをする事になるのは
  犬猫である事を知ってもらう為には、飲酒運転の対策例などと同様に、
  法律の改善を通じて、動物愛護の大切さを知ってもらう事が重要です。
  
  また、一部の悪質業者ブリーダー(パピーミル)の存在や、
  深夜営業、犬や猫を幼い内から販売しているペットショップの存在など、
  動物愛護法を変えない限り無くならない問題も多々ございます。
    [ ⇒ (参考動画)深夜眠れぬ子犬たち ] 
    [ ⇒ (参考動画)子犬工場・・・悪質業者の闇 ] 

  動物愛護法の改善を呼びかける手段のの一つとして、
  下記(国への呼びかけ)にてご紹介をしております「署名」がございます。

   現在の日本の動物愛護法について
    [ ⇒ 動物の愛護及び管理に関する法律のあらまし ] 
   環境省のサイトにて紹介されているパンフレットです。
   動物愛護法について、わかりやすく紹介されております。


国への呼びかけ

  国への呼びかけに関しては、「署名」が代表的ですが、
  インターネット上で、署名が出来るサービスがあります。

    120x60.gif

  インターネット上で、署名集めや署名参加ができるサイトです。
  犬猫救済に関わる主な署名は、当サイトでも紹介をしております。

   [ ⇒ 犬猫救済関連署名一覧へ移動(右サイドバー) ]

  基本的には法律の改善を呼びかけるものが多いですが、それ以外にも、
  下記にて紹介をしているような殺処分0に繋がる施設の設置の呼び掛けや、
  国が中心となって行う、新たな犬猫救済活動の提案など、
  あなたにしか思い付かない救済方法があるかもしれません。


海外での取り組みを参考にする

  ・アニマルシェルター(サイト「地球生物会議ALIVE」より)
    http://www.alive-net.net/companion-animal/shelter/USAshelter-1.html

  ・アニマルポリス(サイト「日本にアニマルポリスを誕生させよう!!」より)
    http://www.animalpolice.net/

  ・ドイツからのレポート(サイト「日本にアニマルポリスを誕生させよう!!」より)
    http://www.animalpolice.net/kaigai/Germany1/


ペットについて正しく理解をしてもらえるような環境に日本を変える

  現在の日本に、もっと動物愛護について理解出来るコンテンツが揃っていれば
  ペットを放棄する人は減るでしょうし、殺処分が行われる事は無いでしょう。


   「犬猫を飼う事の大変さ」 について理解できる環境作り

    ・引越先では動物が飼えない
    ・犬猫が言う事を聞かない
    ・飼い主が病気になってしまい代わりに飼う人がいない
    ・経済的な理由
      (子犬・子猫が生まれたが養う余裕が無い 病気の治療費が払えない等)

  上記は、ペットが捨てられる理由についての代表的なものですが、
  以下のような「ペットを飼う上での常識」を理解さえしていれば、
  ペットを飼わなかったかもしれませんし、捨てる事は無かったかもしれません。

    ・壽命は10年以上が普通
    ・しつけの重要性
    ・不妊・去勢手術の重要性
    ・毎日のお世話が本当に大変
      (散歩等の付合い、長期間の外出がし難い、生活費等)

  以降、同様な事が起きないようにする為に、子供のうちから教育できるような環境、
  また、様々なメディアや、ペットショップなどを通じて、
  ペットの可愛さだけを強調するのではなく、
  ペットを飼う事が大変であるという事を理解してもらう環境を作る事も重要です。


   「犬猫と生活をする事の素晴らしさ」 について理解できる環境作り

  世の中には、犬や猫を嫌う方たちもたくさん居ます。
  その方たちから言わせれば、

   「犬猫は可愛いという理由だけで他の動物と差別するのは変ではないか?」

  上記のように思われる方は多いでしょう。
  「犬猫は愛玩動物だから」という理由も通用しません。(考え方は人それぞれです)

  また、ペットショップやテレビ番組、ブログなどを通じ、ほとんどが、
  「可愛さ」のみが強調されている現状、そう思われてしまうは当然だと思います。

  ですので、可愛い部分を強調する事も「癒し」に繋がるので大事だとは思いますが、
  もっと別の部分の素晴らしさも広めていく事が大事だと考えます。

  共に生活をする事で、本当にたくさんの癒しや感動などを感じる事が出来、
  また、本当に沢山の学びを得られる事など、一人でも多くの方に伝える事によって、
  犬猫救済に関心が無かった方たちに対し、心を動かす事が出来るかもしれません。

  それを伝える事が出来るのは、
  既に動物たちの素晴らしさを実感している私たちだけであり「役目」だと考えます。


   ペットショップの在り方を変える

  日本のペットショップの多くは、ペットを物として扱っている部分に問題があります
  基本的に売る事が第一ですから、
  お客がペットを飼える条件を充分に満たしているかの判断や、
  「ペットを飼う事の大変さ」を充分に伝える事をしていない為に、
  安易にペットを飼い始めた人たちがペットを放棄してしまう事に繋がります。

  また、一日中、清潔とは言えない狭い部屋に閉じ込められ、
  充分に動き回る事も出来ずに、昼寝したい時でも客に起こされ、
  酷い所では深夜まで営業しているところもあり、とてもストレスが溜まる環境です。
  (精神的な病気になってしまう犬猫も多いです)

  子犬・子猫の内から販売されている事も大きな問題です。
  動物愛護先進国であるイギリスやドイツなどでは、
  8週(国によっては12週)未満の時点で親と引き離す事を法律で禁止しています。

  理由は、幼い時期に親と引き離す事で、免疫力が低下したり、
  親との触れ合いを通じて社会の常識を学ぶ大切な時期を奪う事になるからです。

  ですが、子犬・子猫が良く売れる日本では、
  生後間もない犬猫たちが中心となり店頭販売されています。
    [ ⇒ (参考動画)深夜眠れぬ子犬たち ] 

  上記問題を解決する為には、まずは上記でも上げている法律の改善が重要です。
  既に「ペットショップでの生体展示販売規制強化」をテーマにした
  署名集めも始まっておりますので、ご協力いただければ幸いです。
   [ ⇒ 動物愛護関連署名一覧へ移動(右サイドバー) ] 


飼い主のマナーを正す

  犬や猫が嫌われる理由の一つとして、「飼い主のマナーの問題」があります。

  基本的な事ですが、散歩中の犬がしたオシッコやフンの処理をしなかったり、
  放し飼いされた猫が、近所の庭などを荒らす事により迷惑を掛ける事により、
  犬猫嫌いになってしまうケースがあります。

  また、野良猫にエサをあげる事も同様です。
  エサを与える事で出るゴミの処理や、残したエサの処理など、基本的な事ですが、
  これをしない事により、犬猫に対し迷惑に思われる方が増えているのが事実です。

  まずは、上記のようなマナーを正していく事が、
  犬猫救済に関心を持たない方たちを振り向かせる為に重要です。


「知ってもらう」ではなく「実感してもらう」為のコンテンツ作り

上記の通り、全ての犬や猫を幸せな環境に導く為に必要な事はたくさんございますが、
まず大切な事は、
一人でも多くの方に、動物愛護活動に関心を持ってもらう事です。

上記にて紹介しております対策の多くは、たくさんの方が関心を持ってくれない限り
簡単に変える事が出来るものではございません。


では、どうすれば関心を持ってもらえるのか?

重要なのは、「知ってもらう」で終わるのではなく、
実感してもらう事」です。

知る事だけで済むのであれば、世の中はもっと素晴らしい内容になっているでしょう。

世界には地震の被害により苦しんでいる人達が沢山居る事を私たちは知っています。
ですが、この記事を読んでいる方の中で、
彼らの手助けをされている方はどのくらい居るでしょう?
(募金など、どなたにでも出来る事はあります)

世界中には、食料不足で飢えに苦しんでいる方々がたくさん居ます。
その方々に対し、どのくらいの方が関心を持ち協力をしているでしょう?

もちろん、上記のような状況を知り協力をされる方も居ます。
ですが、大半の方は、可哀想だとは思いつつも一歩前に進む事は無いでしょう

この事は、私たちが呼びかけている犬猫救済活動に関しても同様です。


犬猫救済活動をされている方の多くは、
過去に、何らかの形で犬や猫に関わっている方がほとんどだと思います。

子供の頃から犬や猫が居る環境に住んでいた。
ある日、道端で捨て猫を見かけ、可哀想だから持ち帰った。

上記のような切っ掛けから共に暮らしていく中で、動物と暮らす事の素晴らしさを
実感」する事が出来たからこそ、一歩前に進めているのだと思います。

そういった経験が無ければ、犬猫救済活動に関して色々と説明されても、
一歩前に進めないのはある意味仕方の無い事だと思います。


犬猫救済活動の素晴らしさを実感してもらう為に、
一人一人に対し動物を飼ってもらうというのは難しい話です。

ですが、動物と触れ合わなくても
少しでも犬猫救済活動の素晴らしさについて実感してもらう方法」はあります。

それは、
当サイトでも紹介をしております犬猫救済関連の映画であったり、本であったり、
たまにテレビ放送される犬猫救済関連の特集、全国各地で度々行われている
犬猫救済関連のイベントなどを見てもらう事です。

ですが、犬猫救済活動に関心を持たない方たちが、自ら好き好んで、
犬猫救済関連のメディアに目を向けたりイベントに足を運んだりする事は無いでしょう。

ですので、既に犬猫救済活動に関心を持っている私たちが、
ブログやmixiなどを通じて呼びかけたり、実際に誘ったりなどをして、
関心を持つ切っ掛けを地道に作っていく事が大切だと考えます。





[ ⇒ Home(メインメニュー)へ ]


スポンサーサイト
  09/22 お知らせ トラックバック(-) | コメント(-)

■ 以下より固定記事になります ■


 
全ての犬猫を幸せにする為のコミュニティ

保健所の犬や猫を救う為のコミュニティです
mixiコミュニティ ブログ村トラコミュ
[ みんなで保健所の犬猫を救おう! ] [ 保健所の犬猫を救う為に出来る事 ]
mixi上には犬や猫を好きな方がたくさん居ます。
「森ガール」や「シルシルミシルのAD堀くん」などのコミュの様に、
たくさんの方の力が集まり一つになれば、
彼らの為に何かをしてあげる事が出来ると思うのです。
救済に繋がる話題、保健所・虐待・野良に関する話題、 里親募集、一時預かり募集、支援募集、ボランティア募集等、
犬や猫の幸せに繋がる内容でしたら、
どういった物にでもお使いください(^_^)




    
里親募集サイトを募集しております


当サイトでは、記事を通じて、個人・団体に関係無く
里親募集を呼びかけているサイト様のご紹介をさせていただいております。

つきましては、当サイトの記事を通じて、
紹介をさせていただく事が可能な、里親募集サイトを募集しております。

微力ながら、少しでも、お力になれればと考えております(^_^)



neko08.gif ブログを維持していく事は本当に大変です。

まず文章を作る事に関して、
頭では内容がまとまっていても、それを文章にする作業は意外と時間がかかりますし、
ましてや、里親募集呼び掛けの為に初めてブログを始められた方ですと、
キーボードを打つ事自体も本当に大変な作業です。

また、写真の撮影から、加工、アップロード、公開するまでの作業も大変ですし、
他にも、サイドバーのデコレーション、コメントの返信やらで、かなりの時間を使います。

それなのにも関わらず、定期的に日記を更新していても、
特に最初のうちは、一部の方しか見に来て頂けないのが事実で、本当に辛い話です。
(当サイトも、最初の数ヶ月は本当に苦労しました)

ですので、微力では在るのですが、
当サイトにて、サイト紹介をさせていただき、
少しでも多くの方に見に来てもらえる機会を作れればと思い、当企画を考えた次第です。



inu03.gif

 ■募集条件
  ・里親募集関連の日記を10以上作成されているサイト(ブログ)
  ・サイト内にて使用されている犬猫の画像を3~6枚ほど使用可能か?
   (紹介記事以外で画像を使用する事はございません)

 ■教えていただきたい事
  ・サイトのアドレス
  ・活動範囲対象の都道府県
  ・何匹ほど募集されているか?
  ・犬・猫のみ? 両方?
  ・以下の項目のうち、何を募集されているか?
   (里親・一時預かり・物資・資金の支援・ボランティア)
  ・その他、絶対に記載してほしい事など

 ■送信先
   [ minsia/wine.ocn.ne.jp
    「/」を「@」に変えてください。(迷惑メール対策です)
    件名に「里親サイト記事希望」と記入してください。


 ●メール記載例

・http://inunekosiawase.blog62.fc2.com/
・北海道
・10匹ほど
・猫のみ
・里親・物資・資金の支援・ボランティア

物資の支援に関して、特に今「フードの不足」に困っている状況ですので、
それについて強く紹介していただければ助かります。




メールを確認後、そちら様のサイトを拝見させていただき、
こちらで文章をまとめ、写真を交えた上で紹介をさせていただきます。

1日1つペースで紹介をしていく予定ですので、
仮に1日で複数の方から要望があった場合は、
次の日以降に回させていただきます。


是非、お気軽にご連絡をいただければと思います(^o^)丿




    
ボランティアに支援される際の注意点


犬猫保護ボランティアに支援をされる場合、その対象が、
本当に支援をするに値するかを十分に確認する事が重要です。

  [ 犬猫保護ボランティアについてはこちら ]

真に残念ではございますが、一部で
「保護ボランティアを装う詐欺団体」が存在するのが事実です。

当サイトにて紹介をしておりますボランティアに関しても同様です。
(かつては正しい活動をされていたとしても、時間の経過によって運営方針が変わってしまう可能性も充分ございます)


一度現地を訪問される事をオススメします

現地を訪問する事で少しでも環境等を確認する事が出来ます。
ホームページ上では、
「素晴らしい衛生環境」「好感が持てる犬や猫への対応」
上記を印象付ける内容であったとしても、
実際に訪れてみると、それとは程遠い内容である事がございます。


噂だけで判断をするのは危険です

各ボランティアを評価する際に、
検索システムなどを通じて噂を調べる方法もございますが、
噂はあくまで噂であって、真実かどうかはわかりません。
一部の悪意ある人が、
素晴らしいボランティアなのにも関わらず、悪い噂を流している事も事実です。


素晴らしいボランティアの存在を広めましょう(^_^)

一部の残念な存在の為に、
全てのボランティアを疑わなければならない事は本当に残念です。
ですが、逆に疑う事で、本当に素晴らしいボランティアの存在を知る事も出来ます。
今後、素晴らしいボランティアと知り合う機会がございましたら、
ブログやmixiなどを通じて、広めていただけると本当に幸いです(^_^)




    
当サイトの支えとなる全ての物事に感謝します


みんな幸せは、本当にたくさんの
「犬猫を愛する方々」そして「この世に生まれてきた犬猫」によって支えられております。
当サイトを支えてくださっている、全ての物事に、本当に感謝しております。

私にこの活動を始める切っ掛けを作ってくれた、
マイちゃん、格闘家の高瀬大樹さんに感謝します。
当サイトを見に来てくださる全ての方に感謝します。
動物保護活動、殺処分の現実を知らせる活動、動物と共に暮らす事の素晴らしさを知らせる活動、その他、動物愛護に関わる活動をされています全ての方に感謝します。
生きる事の素晴らしさを教えてくれた、全ての犬・猫に感謝します。
私をこの活動に導いてくれた数々の偶然(シンクロニシティ)に感謝します。



子供たちに、犬や猫の気持ちを伝える事ができる絵本です(^_^)

かなえの祈り
● 当サイトメニュー ●
● 当サイトメニュー ●
様々な救済方法
里親・支援募集サイト一覧
  (右サイドバー)  
犬猫救済に関する動画
初めて犬猫を飼われる方へ
動物愛護センター見学
「mixi」について
「募金対応」通販サイト

当サイトにて紹介をしております
広告(楽天・無印良品など)を通じて商品を購入されますと、

売上の一部が
「犬猫保護ボランティア」様のもとに寄付されます。

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

  [ 対応サイト一覧へ ]

  [ 募金、アフィリエイトについて ]
 
当サイト、管理人について
当サイトを始めた切っ掛け
リンクに関して

 [ 相互リンクサイト一覧 ]

(右サイドバーの「里親・支援募集サイト」に登録されているサイトは除きます)
連絡先
 
● 犬猫救済イベント検索 ●
 
犬猫救済イベントを探せます


総合イベント情報サイト ことさが



上記サイト様にて、

「動物愛護」などのキーワードで
検索をする事により、

「講習会」「講演会」「譲渡会」など
たくさんの犬猫救済イベントを
見つける事が出来ます(^o^)丿

冬に起こる事故を防ぐ為に
 
ボンネットの中の確認を!

ボンネットの中の確認を!

寒い季節、 猫が暖を求めて、
エンジンルームに入り込み、
結果悲しい事故が起きています。
[ 詳しくははこちら ]

⇒ ステッカー用画像


⇒ ポスター用画像(A3)

⇒ ポスター用画像(B1)
 
●全国「犬猫助成金」リスト●
 
犬・猫の避妊及び去勢手術に対する
  全国市町村助成金リストです


 
● アンケート受付 ●
 

殺処分0への切欠を見つける為、
アンケートの募集をしております。


現在受付中のアンケート



 これまでに皆様から戴いた内容を
 見る事も出来ます。



ペットを選ぶ際に、「保健所」ではなく「ペットショップ」を選んだ理由について


ペットショップが行っている殺処分対策について


 mixiコミュニティのトピックを通じて
 募集しております。

● タイ・バンコクの犬猫達 ●
 






タイでは日本での数を上回る野良たちが存在します。

日本とは違い、殺処分はしておりませんが、飼い主が見つからなければ、彼らは一生シェルターに閉じ込められたままです。

 [ 詳しくはこちらから ]


タイの野良救済活動ブログ

 [ Street dogs & cats ]

● 子供用の絵本 ●
 
(絵本)かなえの祈り

かなえの祈り

“保健所行きの犬や猫を減らしたい”
作者の想いが絵本になりました。

上記リンク先にて、また、
文星堂ゲートシティ大崎店
シンクパーク店にて購入できます。

[ホームページ]
リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。